肩こり改善にオススメの仙台の整体・整骨院ナビ

肩こり解消の入浴法・お風呂ケア

40度くらいのお風呂に首がつかるくらいまでしっかり全身浴をしましょう。10分くらいが目安です。その後時間に余裕があるなら、熱いお湯につけたタオルをマフラーを巻くように首にかけて前で交差して肩にながし、首から肩にかけて温めながら半身浴を20分くらいかけて、全身の血流を良くします。

 

全身浴・半身浴の最中に肩・首のストレッチをしましょう。肩を思いっきりあげて3秒止めて、ストンと肩を落とすといった動作をゆっくりと10回位繰り返しましょう。肩を回したり万歳をしたりして僧帽筋(首から肩・背中にかけての筋肉)のストレッチをしましょう。

 

僧帽筋のストレッチは、お風呂の中で正座した状態で、手を後ろにやって、右手で左手首を持って左を引っ張るように下に引き、首を肩が張る感じがするまで左前方に曲げて、30秒から60秒この状態を維持します。反対も同様にします。これを2セット行いましょう。

 

その後肩が冷えないようにお湯を交互にかけます。首を左に折って、右の肩にお湯をかけ、右に折って左の肩にお湯をかけるような感じで行いましょう。首を回して、右を見て左を見て1セットです。これを3セット行いましょう。

 

湯船から出て体操座りをして腿の下で両腕を組んで、膝の間に頭を鎮めるように上半身をかがめていき、背中に張りを感じたら30〜60秒この状態を維持します。これを2セット行い再び湯船に入ってゆっくりとつかりましょう。

 

ストレッチは、お風呂上がりすぐの体が温まった状態で行ってもかまいません。但し、このストレッチは、体が冷えて行うと筋肉を損傷することもありますので、お風呂から上がって暫く経った寝る前や朝体行ったりするのは避けましょう。